どじょうの詩

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐かしい大和煮缶詰

<<   作成日時 : 2017/10/26 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

懐かしいクジラの大和煮缶詰。子供の頃スーパーで100円均一棚にも並んでいましたが、日本が国際捕鯨委員会(IWC)に加盟後段階的に反捕鯨国の圧力もあり、南氷洋などでの商業捕鯨が禁じられ、日本沿岸の調査捕鯨で少量確保されたものと、IWC非加盟国からの輸入ものしか手に入らなくなりました。店頭に並べるだけの量が確保できないので、インターネット販売のみで高価な商品となっています。大和煮缶詰は小中学生の頃、遠足のリュックに入れて持って行った必須アイテムでしたし、学校給食でも月に1-2度鯨の竜田揚げやステーキが出ていました。今は給食に出ることは無いでしょうから、昨今の子供達はクジラ肉の美味しさを知らないでしょう。鯨食は日本の伝統食文化ですから残念なことです。
This is canned boiled whale meat which was popular when I was a child. This was being sold at any supermarket in one coin (100 yen) sometimes. After Japan had become a member country of International Whale Commission (IWC), Japan ceased commercial whale catch in the Antarctic Seas etc. gradually. Nowadays only little amount of whale meat is imported from non-member countries of IWC and also collected from coastal whale fishing for research purpose. Because of this, very little amount of whale meat is distributed in the market and the price has become so expensive. Since the canned product was my favorite food item, I brought it when I went to school excursion in every time. Whale steak and deep-fried whale meat were also served in the school lunch once or twice a month when I was an elementary school student and a junior high school student. Since no whale meat has been served in the school lunch any more for these about 40 years, young Japanese doesn’t know the taste of whale meat. As eating whale meat is a part of traditional Japanese food culture, it is a sad reality.
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
懐かしい大和煮缶詰 どじょうの詩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる