雨季

今カンボジアは雨季である。毎日雨が降り、瞬時に大雨になることも珍しくは無い。道路は所々冠水し、バイクや自転車では通行が困難になることがある。湿気が高いため、事務所にあるコピー用紙も湿り気を帯び、ふにゃっとしている。触った感じ気持ちの良いものではない。蚊も多い。気温は乾季よりも低めで夜間は比較的過ごしやすい。

出張者としてはこの気候は何かと不便である。決まった日時に出かけるとき大雨になると行動が制約される。週末に買出し、外食する時も大雨だと普段使うバイクタクシーがないことが多い。そういう時はただ忍耐あるのみ。ホテルの自室で座禅を組むか、ストレッチ体操をするか、である。空腹に耐えることが難しくなれば、値段は高くともホテル内のレストランで事を済ませる。仙人にまでなる必要はない。

しかしカンボジアの人たちは雨季を歓迎する。農業に従事している人が圧倒的に多く、農業用水や生活用水を天水に依存しているためである。地方部農村地帯では今でも公共の水道、電気、ガスは無い。屋外に大きな甕を置き、雨水を貯めて使っている。私も随分と長い間、カンボジアと付き合ってきたので、カンボジアの人たちの雨は天の恵みという気持ちが分かるようになった。

今も凄い勢いで雨が降っている。どういう関係があるのかよく分からないが、雨がよく降ると何故か事務所は頻繁に停電する。@プノンペン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック