初風呂

海外へ出る前にせめて温泉に行きたくなり、近くにある深大寺の温泉に出かけた。家族に一応声をかけたが予想通り行かないというので、一人車を走らせた。およそ10年前にボーリングで掘り当てた温泉で、純和風の木造家屋に岩風呂の露天風呂が2つあり、檜の風呂と樽風呂合せて4つの露天風呂がある。女性用の風呂は知るすべもないが。岩風呂には小さいながら滝が落ちてきており、風情がある。全体的に少々狭い感があるが、東京にいてこの情緒は少し嬉しい。

海外の出張先ではバスタブでさえないホテルも多い。シャワーだけでお湯が出ないところもある。明日の出発を前に是が非でも温泉に浸かりたかった。“私は日本人だ。”丁度新春の利き酒大会をやっていて、参加したかったのだが、車を運転して帰らなければならないので、我慢した。

湯の色はコーヒー色で、食塩泉である。関東ローム層の下から湧き上がる温泉のため独特の粘土層の色と海水が混じっているようだ。傷口があるとヒリリとする。効能は分からない。滑らかな山の温泉の質にはかなわないが、一応天然温泉だ。

この温泉にはカラスの行水券というのがあって、1時間の入湯券(1,100円)である。いつもはそれを使うのだが、今日は新春だし出張前でもあるし、少々贅沢をしても罰は当らないだろうと、一日券(1,650円)を買った。これで何度でも入湯できる。着替えて食事やマッサージ(別料金)を受けて入りなおすこともできる。考えてみれば1時間の制限時間を気にして入るよりは一日券の方がずっとゆっくりできるし、お得感がある。

これで思い残すことなく出発できそうだ。因みに初風呂と書いたが、家では毎日入浴している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック