春猫

うららかな春の陽ざしにネコもじっとしていられないのだろう。冬の間チャリとも鈴の音が聞こえなかったが、トナリのネコが活発に私の庭に姿を見せるようになった。毎日午前1回、午後1回訪ねてくる。“チャリチャリ”という音が聞こえると、私は部屋の中で何を行っていてもつい彼女の顔を見たくなり、窓から顔を出す。大抵の場合、トナリの家との間のブロック塀を通行中の彼女と顔を合わせることになるのだが、彼女はどこに行こうとしている場合でも、私が顔を出すと塀の上からわざわざ一旦飛び降りて挨拶にきてくれるのだ。

そしてたっぷりジャレて遊んでいく。その澄み渡った湖の水の色のようなライトブルーの目の色に私の心は惹きつけられる。クールな目つきをしているが、春らしく清々しい顔をして愛嬌を振りまいていく。本当は何かご馳走を振舞いたいところであるが、飼い主に申し訳がないので、庭の植物に水をあげるための水道の栓をひねり、少しだけ手のひらに水を貯める。それを彼女の口の下へ差し出すと、美味しそうにペチャペチャ音をたてて飲むのだ。

彼女が来るとつい時間を忘れて戯れてしまう。おっといけない。今日は出張のためのパッキングをしなければならなかった。こうしている場合ではない。と声に出して呟くのであるが、彼女の視線を感じると、まああと少しいいだろう、という気持ちになってネコ玉で遊んでしまうのだ。私はかなりのネコ馬鹿のようだ。自分の家で飼うことができないのが辛いところである。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック