鎮魂歌

春らしく暖かな休日であった。しばらくパンフルートの練習をさぼっていたので、今日は朝から公園へ向かった。都知事選挙の日でもあったので、朝一番に投票所へ向かい、その足で車に乗り込み公園へ出立。道路沿いに満開の桜を眺めながら車を運転していると、やはり春は桜だな、と思う日本人である自分を感じる。気温は十分高くなったのだが、青空は見えずスッキリとした天気ではない。

普段笛の練習場としている公園に着くと、早くも駐車場は満車の状態。公園に花見しにやってくる客が多い。しかし例年見られるようにレジャーシートを広げてランチやお酒という人は見当たらず、派手な花見は自粛ムード。少しの時間桜の木を見上げて写真に収め立ち去っていく人が多い。私が普段笛を吹く場所は見物客で一杯であったため、公園の奥まった目立たぬ場所まで行き笛を吹いた。

目を閉じ、被災して亡くなられた人々に聞いていただけるよう心を込めて吹いた。それは静かに公園の木立に響き渡った。結局は己の魂を鎮めるための鎮魂歌だった。陽気な音は出てこなかった。しかし公園を訪れている人の視線は気にならず、自分の音に浸りきることができた。最後まで目を閉じたまま夢中で牧神の笛を吹いた。吹く風は爽やかだった。音を風に乗せて東北地方へ飛ばしたかった。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック