題名の分からない音楽

また音楽が流れてくる。いつ鳴り出したのか、どこから聞こえてくるのか、わからない。曲の題名も分からないが、確かにいつかどこかで聴いた曲である。私にはよくこのようなことがある。口ずさんでみる。懐かしく、何か胸を締め付けられるような思いになることが多い。何だったのだろう?何とか思い出そうとするのだが、ダメである。でも一度そうした曲が心の内奥で鳴り出すと止まらず、繰り返し、繰り返し口ずさむことになる。

曲名は分からずとも、やがて旋律は明らかになってくる。ああ、あの時のあのシーンで流れていたな、という情景は思い出すことができる時がある。そうしてふとした瞬間に鳴り出した題名の分からない曲は週末のパンフルートによって復刻する。だから私のパンフルートの練習場では、題名も不明のままの曲が沢山あり、レパートリーだけは豊富だ。数百はあるだろう。曲名が分からないから、誰に説明することもできず、生涯私の中の音楽にとどまるのであろう。

カンボジアの独特の民族音楽は私の中では定着しない。カンボジアには通算して6年目の訪問なのであるが、残念ではあるがここの旋律は入ってこない。農村部へ出かけると様々な儀式に出ることもあるが、個性が強い伝統音楽が大音響で鳴り響く中、私の中では心地よい静かな旋律が流れている。今日も朝起きた時からずっと草原を渡る風のように題名も分からない音楽が流れている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック