世界賛歌 ”A Song for the World”

私たちが住んでいるこの地球には200もの国があり、それぞれ異なる言語、文化、慣習、価値観を持った人たちが暮らしている。世界を周っているとよくそれに気づかされる。外から日本を見たら、この国に暮らす人々も実に独特で面白い。時によっては宗教や価値観の違いから対立が生まれ戦争が起こる。驚異的な通信網と交通機関の発達は地球上の人々の相互理解、融和を目覚ましく進歩させているだろう。

今や飛行機に乗ればどんなに遠い所でも2-3日でたどり着く。直接行かなくてもメールやネットで人はつながっている。これは考えてみると有史以来の凄い事象である。わずか数十年前まで誰がこのような事態を想像できたであろうか。地球上のあらゆる所に独自の文化があり、人々が交流すること自体が大変なことであったはずである。コロンブスが新大陸を発見し、アフリカから多くの人が奴隷として欧州を連れてこられ、そうした全く新しい発見や想像を超越した悲劇が脈々と続いていたのはそんなに大昔のことではない。

今や異なる価値観を持った人たちの交流は日常的になり、ある面新鮮な驚きや新たな発見、感動は昔と比べたら少なくなったであろう。歴史は逆戻りできないから私たちは今の時代を生き、世界とつながり、未来へ伝承する。言葉が通じなくても心が通じることは普通にある。世界を旅して人と接することはとても素晴らしいことだ。音楽やスポーツ交流は言葉なしで無条件に人を繋いでくれる。政治、宗教、価値観を超えて人々は感動を覚える。オリンピックなどが世界中の人に感銘を与える所以である。

私自身も海外に出ている間何気なく接している人から大きな刺激を受ける。身震いするほどの感動をいただくこともある。そしてこの仕事をしていて良かった、とその時思う。思い出や経験はかけがえのない財産となる。世界に感謝である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック