風吹かず

新たな事業年度になった4月以降、今年度は例年よりも海外へ出るタイミングが遅くなっている。国内での仕事が忙しかったためでもあるのだが、渡航先国の大統領選挙、それに伴う治安上のリスクの高まりなど外部要因の影響もある。健康上も春先から優れず、身も心も遠征モードになれないでいる。実際は3日後には日本を発たなくてはならないのだが、まだ私の背中を海外に向けて押す風が吹いていない。
そのためか準備もできていない。最初の訪問国となるマダガスカルでは、現地入りしてやることが見えているのに、そのための方法論や資料の準備にかかることができない。ぶっつけ本番というやつをやらなくてはならない。他の仕事の対応を出発当日まで東京のオフィスで抱え、今回は現地到着後も数週間東京の仕事を引きずることになる。しかし現地にいる関係者に迷惑だけはかけたくない。
現地への出発が遅くなったということは、後の日程がキツキツに詰まることを意味している。7月上旬に帰国後、同月内にもう一度同じマダガスカルへ旅立ち、二回目にマダガスカルから帰国した翌日カンボジア、また一旦帰国してあとマダガスカルへ2回、カンボジアへ1回、さらに他の国へ2回と、自分の気力体力を超越したスケジュールが待っている。
今年もあっという間に終わるのは確実である。

この記事へのコメント

夏目園子
2013年10月24日 19:45
長期海外に滞在すると、日本に関すること、特に日本の番組が懐かしくなるでしょうね。海外では、日本のテレビ番組を見るネットとして、www.tv-rec.comを心からお勧めします日本のニュースやテレビ番組はいつでもどこでも見られ、画質は素晴らしいし、もし暇があったら試して見ましょう。
突然コメントをして申し訳ありません。

この記事へのトラックバック