そんな歳になったの

若い頃やりたいことは沢山あった。気力、体力、エネルギーがあったから、決断をすればいつでも何でもできると思っていた。確かにやりたいことをし、それなりに充実した日々を過ごした。今は比べるべくもない。気力はあっても体力がついてこない、何かと気おくれがし行動できないといった状況が何年か続いている。シップを毎朝貼り換えたり、同じ時刻に欠かさず薬を飲んだり、毎日同じことを繰り返し、決められたメニューをこなすだけ。しかし時間だけは怖しく早く過ぎていく。このことについてはこれまで何度もこのブログに書いている。すっかり陳腐化してしまった毎日なので、新たな発見や驚きが無く、ネタ切れを起こしてしまっている。せめて週末にでもいつもと違う東京を見て周ることができれば良いのだが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック