束の間の日本

10月14日からモルディブに来たが24日に一旦帰国し、中5日で再びモルディブへ戻ってきた。なんとも忙しいスケジュールである。日本は徐々に寒くなってきていたので、一旦帰国した際にからだが温度差調整している途中にまた熱帯へと戻される。若いと大きな問題にならないが、この歳になるとからだの調整スピードが落ち、大変疲れる。そして10日でまた初冬の日本へ帰国。体調管理がうまくいかないのだ。もうモルディブもこれで何回目の渡航になるだろうか。10往復近いのではないか。ここ数回はこちらへ来ても何も目新しいものは無いし、見て周る所もないので、仕事以外はひたすらホテルの自室に閉じこもっている。窓のない暗い部屋だが、外の喧騒が届かない分落ち着いていられる。週末も部屋で作業。朝食だけホテルのロビーでいつも全く同じパン、薄い卵焼一片、ソーセージ1個、パパイア数切れとコーヒーをとるが、昼食も夕食も外食する気分にならず、ルームサービスを頼む。はじめのうちは物珍しさもありあちこち外食していたが、どこも注文してから料理が出るまでに30分から1時間以上かかる。ルームサービスも電話で注文してから1時間は覚悟しなくてはならないが、夜7時に夕食をとろうと思えば、6時に電話すれば良い。それほどバラエティも無いが何も食べないわけにはいかないので、仕方ない。こんな毎日を過ごし、業務が終了したら飛行機に乗って帰る。その繰り返しだ。何も期待はしないし、淡々、粛々仕事をするのみ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック