またまた年末

ここ数年毎年あっという間に年末を迎えているので、またかという感じであるが、実に困ったものである。そして同じような記事をこの時季に書いている。正月を終え、春の選抜高校野球、プロ野球開幕。夏の甲子園。ふと気がつけば路上の木々の葉が色づき、木枯らしが吹く。クリスマスのイルミネーション?先日見たばかりだ。年賀状の印刷??コンビニに行って頼んだのはつい三か月ほど前の事のよう。年を重ねるサイクルが早すぎて目が回りそうだ。淡々と日々を過ごしているだけなのに、務めを忠実に果たしているだけでこんなに時が空しく過ぎて行って良いものだろうか。鉄のように固くなった背中や腰に鞭打ち、休むことなく歩いている。自由な時間、自由な旅への憧れは失せてはいないが、希望は持たない方が良い。髪が白くなっていく。これが時を気付かせてくれるのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック