交響曲第9番「新世界から」

私がまだ小学校5-6年生の頃、田んぼの中の片道4kmの学校帰りの一本道は私の遊び場所だった。稲刈りが終わった後稲藁にまみれ友達と茜色の空を眺めていた。遠くに見える会津の峰々に陽が落ちていく。そうすると子供だった私の胸の中でドボルザークの交響曲第9番「新世界から」第2楽章のイングリッシュホルンの芳醇で素朴な音色が響いてくるのだった。そうこの曲は私が最初に好きになったクラシック音楽で、いつの日か自分の音でこの旋律を奏でてみたいと夢見た。
A single way of 4km surrounded by the paddy field from my school to my house was my play ground when I was an elementary school student. I was always seeing beautiful sunset sky with my school friends by lying on the bunch of straws after rice reaping had finished. The sun set in among far mountains of Aizu-Region of Fukushima slowly and peacefully. Whenever I saw the beautiful sunset, I could listen rustic but rich sound of English horn in my heart, which is a main musical instrument plays in the 2nd movement of Dvorak’s Symphony No.9 “From the New World”. The music was the first classical music I loved. The boy dreamed to play the melody with that musical instrument someday by his own hand.
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック