虫捕り装置

シェムリアップ州には至る所に写真にあるようなビニールシートが建てられている。田んぼの畔、池の縁、農家の庭先など場所を選ばず分布している感がある。一体何に使うものか聞いてみたところ、虫捕り装置だそうである。夜間充電式のバッテリーを持ってきて照明灯をつけ、このビニールシートの上に取り付ける。虫は光に集まる性質があるので、無数の虫が飛んできて、ビニールシートにぶつかり、その下の水たまりに落下する仕組みである。よく考えたものだと思う。

朝を待たずに虫捕り装置の持ち主は虫を採集しにくる。大きな甲虫類、蟋蟀のような昆虫、水生昆虫まで多様な虫が混じっているらしい。昆虫をよく食するカンボジアの中でもここは特に昆虫を好んで食べるようだ。農家にとっては貴重な現金収入源となり、人々の食欲を満たす。
画像

"虫捕り装置" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント