テーマ:温泉

久しぶりの山登り

4年ぶりだろうか。友人に誘われ長野県の南八ヶ岳を登った。いきなり歩くようなことをせず、錆びついたからだに油を注すように、登る前の日に登山口にある渋い温泉宿に泊まった。秋の紅葉シーズンなので混むかなと思ったが、宿の客は我々の他は一人旅の男性2名だけ。江戸時代に開かれた宿らしくとびきり情緒ある建物と湯船に満足した。1泊2食で約8,500円。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィンランドハウス

昨夜不思議な夢を見た。同僚と仕事でフィンランドに来ていた。私が仕事で訪れる国は開発途上国であって、欧米諸国に行くことはまずない。せいぜいアフリカへの乗り継ぎの時か、南米への乗り継ぎの時に少し立ち寄ることができる程度である。そこがフィンランドであることが分かったのは、北欧独特の薄明かりの中で時が流れていたからである。時計の針は午後10時を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕闇迫る

この季節は一年で最も日照時間が短い。休日だからといって寝坊をしていると、あっという間に夕闇が迫り、暗くなる。なんだか切ない気分になる。特に天気が良いと何をしようかあれこれ考え、過ぎ行く時間がもったいない。家にいるなんかもったいない。どこへ行こうか迷い、すぐに結論が出ない場合はとりあえず駅前に出るか、車に乗り込む。けれども、若い頃とは違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山歩き

3年ぶりで友人と山登りへ行く。秋の山は紅葉が楽しみであるが、大自然に包まれてまだ生きているという実感を持つことが私にとって最も大きな意味である。2年前と同じ期日に、同じ場所へ、同じ友と行く。那須連峰の奥深くにある三斗小屋は我々の最高の息抜きの場所であり、自然の中で人生を見つめ直す絶好の場所である。今度で3度目になるが、リピーターとなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラシオ温泉

ミャンマー北東部シャン州にラシオという地方都市がある。首都ヤンゴンからラシオまでは約1,700km離れている。飛行機で北部最大の都市マンダレーまで飛び、そこから車で山道を8時間走る。日光いろは坂よりも急なカーブが続く険しい道である。外国人が観光目的で訪れることができるのはこのラシオまで。そこから先中国との国境地帯は国境省が厳重に監視する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初風呂

海外へ出る前にせめて温泉に行きたくなり、近くにある深大寺の温泉に出かけた。家族に一応声をかけたが予想通り行かないというので、一人車を走らせた。およそ10年前にボーリングで掘り当てた温泉で、純和風の木造家屋に岩風呂の露天風呂が2つあり、檜の風呂と樽風呂合せて4つの露天風呂がある。女性用の風呂は知るすべもないが。岩風呂には小さいながら滝が落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬だ 温泉だ

寒い冬がやってきた。自由奔放に生きていた若い頃の私は友達を誘って雪見風呂によく行ったものだ。青森県青荷温泉、岩手県遠刈田温泉、夏油温泉、山形県姥湯温泉、福島県木賊温泉、不動湯温泉、栃木県北温泉、弁天温泉、湯西川温泉、夫婦淵温泉、加仁湯温泉、八丁湯温泉、日光沢温泉、手白沢温泉、群馬県尻焼温泉、猿ケ京温泉など北関東から東北にかけての秘湯が多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のお風呂

日本人は大変綺麗好き、お風呂好きな民族であると思う。家庭のお風呂も旅館のお風呂も湯船と洗い場は別になっており、からだを洗い流した後の汚れを浴槽の中に入れない。他の国ではそのようなお風呂はどこにもない。少なくとも私がこれまで行った70カ国近くの国ではすべて洗い場なしの浴槽だけか、又はシャワーのみである。お風呂に関しては、日本は世界において…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more