テーマ:ノーチラス

生きている化石

およそ4億5千万年前の古生代アンモナイトとほぼ同じ時代に繁栄していたオウムガイは、その時代からほぼ形を変えることなく今の時代にわずか3種のみ生息している。現在では5種を同定したという研究者がいるが、その分布はフィリピン、パラオ、ニューギニア、ニューカレドニアと南太平洋域に限られている。インド洋にありアフリカ大陸に近いマダガスカルを訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オウムガイの化石

アンモナイトと並んでマダガスカルの化石店に多いのがオウムガイである。地球上に現れたのはアンモナイトよりも古く約5億年前のオルドビス紀と言われている。アンモナイト類が約6,500万年前に絶滅したのに対し、オウムガイはノーチラス属のみ4種が現生している。 現生のオウムガイはフィリピン、パラオ、ニューギニア、ニューカレドニアなど熱帯太平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オウム貝

皆さんはオウム貝(学名をノーチラスと言います。)をご存知でしょうか。鮮やかな赤茶色と白のストライプの立派な貝殻を持っていますが、貝ではなく、イカやタコと同じ頭足類の仲間です。4億年前の古生代デボン期から6,500万年前の中生代白亜紀に生きていたアンモナイトと近縁の軟体動物で、ほとんど進化していないと言われています。生きている化石とい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more