テーマ:

今年の桜

若かった頃桜は春の象徴であって毎年胸躍る想いで眺めていた。福島に住んでいた少年時代は丁度桜が満開の頃に学校の入学式を迎えていた。気が付けば随分歳を重ねたものだ。早くも人生半ばを超え、老齢に近づこうとしているのだから。幼少期には観桜することなどないから、小学生の頃から数えるともう50回近い満開の桜を観てきたことになる。これは驚くべき事実だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あと20回の桜かな

3月29日東京の桜が満開になった。例年より少し遅い気がする。毎年満開の桜を眺めているとどんなに心は空虚でも、からだが疲れていても、少しの間安らぎを覚える。日本人なんだな、と実感する瞬間でもある。それにしても、歳月が経つのが早すぎて、昨年の桜はつい先日咲き誇っていた気がしてならない。毎年3月下旬から4月上旬のこの時季は、年度末であり仕事の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜散る

遅咲きの桜が咲きそろい、春風を受けて散り始めている。桜吹雪の中を行くわが心は乱れ川面に散る花びらをいつまでも眺めて動けないでいる。ようやく来た春は駆け足で年老いていく心を叩いていく。実に数年ぶりで観桜できた。友人のお陰である。都内の桜の名所はどこも人でいっぱい。夜遅くに一般の花見客が立ち入ることが難しい、いや一般に開放はされているけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅い春

4月2日、ようやく家の前にある桜並木の桜が開花した。私が世田谷に住んでからの19年間でこんなに桜の開花が遅かったのは初めてである。早い年は3月上旬には開花していたので今年は1カ月も遅れた。福島に暮らしていた頃、丁度学校の入学式のシーズンに桜が満開であった。新たな人生の門出を満開の桜が祝ってくれているようで、子供心にも桜の花は眩しかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎮魂歌

春らしく暖かな休日であった。しばらくパンフルートの練習をさぼっていたので、今日は朝から公園へ向かった。都知事選挙の日でもあったので、朝一番に投票所へ向かい、その足で車に乗り込み公園へ出立。道路沿いに満開の桜を眺めながら車を運転していると、やはり春は桜だな、と思う日本人である自分を感じる。気温は十分高くなったのだが、青空は見えずスッキリと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の季節に

今年は桜の開花が遅かった。例年であれば東京は3月中旬ごろに開花し、学校の卒業式の頃にはほぼ花びらが散っている状態である。今年は寒い日が続いていたためか4月直前になってようやく蕾が膨らみ始めた。近所のしだれ桜もためらいがちに花を開いた。今年は3月11日に発生した大震災のために桜の名所も花見は自粛ムード。桜を堪能する心の余裕は被災された方々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想い

東京では今日桜が開花してきた。まだたくさんある枝のほんの一部の蕾が開き、可憐な姿を現したところであるが。これから日増しに桜前線は北上し、ゴルデンウィークには弘前あたりまで急速に桜色に染まるだろう。 しかし、今年は大震災のため桜に心打たれて愛でる人々は東日本では少ないだろう。これから急ピッチで震災復興支援を始める時である。海沿いを中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のビジネスと桜と農業

今日、ジャカルタで日本のユニクロがロシア第1号店をモスクワに開いたというニュースを聞いた。モスクワでは開店前から大勢の人たちが待っていて、品質が良いのに安い値段なので大変好評だとか。加えて日本流接客のきめ細かさが受けているとも報じられた。私が知っている数年前のモスクワはまだ社会主義時代の名残があり、サービス産業に求められるサービス精神と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の植樹試験

ここはカザフスタンの首都アスタナにある世界宗教サミットが開催された三角形の建物前の公園です。アスタナは四方を遮るものがない平原にできた都市なので、一年中風が強く、冬の寒さは氷点下30度になることもあります。5月でも写真のように冷たい風が吹きすさび、気温は10度くらいでした。長い冬と短い夏、四季はあっても春と秋は一瞬らしいです。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の桜

満開の桜を見て春爛漫を感じる日本人の感性は豊かなものだと思う。やはりソメイヨシノは日本の春の象徴であり、日本人の人生の節目節目にその満開の見事な姿を見せてくれる。 写真は自宅の前にある高校の生垣に沿って咲きそろっている桜で、4年前に全校舎立替、校名も変更になる大規模工事が行われた際も伐採されることなく、その全身の学校の長い歴史を飾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重たい感じの春

今年の春を何と表現して良いか悩む自分がいる。毎年春は気分爽快で桜が咲くとやはり花見をしたいと思うのだが、今年は何故かそのような気分になれないでいる。3月も月末を迎え、東京は例年より2週間ほど遅く開花し、丁度今見頃を迎えている。気温が低い日が続いているため、開花した状態が長持ちしている。しかし陽気は春ではなく、今日も私は外套に手袋という冬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more