勤勉と寛容(フィリピン)

フィリピンは面白い国である。映画俳優が大統領になることがあれば、大統領令で突然次の日が国民の祝日になることがある。いわば何でもありの面白さがある。また、この国を支えているのは、女性の力であると思う。フィリピン人女性は真面目で勤勉、そして有能な人が多い。でも、女性が勤勉でよく働くあまりに、男性があまり働かない傾向があると私は感じている。男性は男性でおおらかで良いのだが、一緒に仕事をしているとついもう少し真面目にやって欲しいと言いたくなる。

フィリピン人は他の東南アジア諸国と違って、その歴史的経緯からスペインの血が混ざり、美男美女が多い。そして社交好き。男性はとても女性に優しい。私に言わせると“すけこまし”が多い。日本人女性で現地在留者の間では社交ダンスクラブが人気で、美男のインストラクターを取り巻いて随分と熱い争いがあるようだ。フィリピンは面白い国で、バレンタインデーには男性が女性にチョコレートなどの贈り物をする。中にはこれでもか、というほど熱烈にアプローチをしてくるのがおり、それにハートを動かされる女性は少なくないようだ。

フィリピン人女性は、日本ではパブなどの従業員として来ているイメージが強いためか、誤解を招いているが、本当に精神的にもタフで勤勉な人が多い。勿論フィリピン国内の盛り場にも彼女たちが多く働いている水商売の店は多いが、そうした所で働いている女性はエンターテイナーとして徹底して接客する。だからお客でやってくる外国人は錯覚して深みにはまるパターンが多い。中には本当に純粋に結びついて良い結婚をした人たちも多いが。

フィリピン社会では結婚すると、本人たちだけの結婚ではなく、親族や縁者の結びつきが深いため、当然本人たちだけの自由度は低くなる。経済的にもそうだ。困っている親戚がいると皆で助け合う。今日の日本ではなくなりつつある姿がそこにはまだある。良い面もあるが、そうしたことを知らないで結婚をすると苦労することが多いと思う。

話は戻るが、フィリピン人の社交好きというか、寂しがりやというか、私が興味を持ったのは、自分の誕生日を職場の人たちに知ってもらい、その日に自分で作ったケーキや惣菜、店で買ってきたお菓子などをみんなに分けて食べてもらう慣習だ。それで自分の誕生日を皆に知ってもらい、自己プロモーションをする。それで皆の輪の中に入って良好なコミュニケーションをとろうとする。日本人にはそんな慣習は無いので、同じ職場で何かの拍子に、自分の誕生日が過ぎたことをフィリピン人に知られると、何故何も言ってくれなかったのだ、と冷たくされることがある。フィリピンは面白い国である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック