コイの季節

ここ数日で急に暖かくなり、すっかり春らしくなった。満開であった桜も散る今頃から気温は日増しに上昇するのだろう。大震災と原発事故とでずっと気持ちが塞がっていたのだが、今日は久しぶりで自宅近くに流れる川沿いの道を歩き、少し気分転換をしたくなった。やはり春はいいものだ。菜の花や名前を知らないが小さな紫色の花をつけた植物が方々で咲いている。

思ったほど水鳥の姿は多くはなかったが、目だっていたのはたくさんの鯉だ。あちこちでバシャバシャ水しぶきを立て、産卵行動が観察された。そう、鯉の恋の季節である。数匹の塊で殆ど静止しているくらいポジションを変えず、水面上にからだの上半分、背鰭を出して大きくからだを曲げながらバシャバシャを繰り返している。川の浅瀬のいたるところで鯉がバシャバシャ音を立てて産卵する様子は自然のたくましい、そして微笑ましい姿であり、塞がっていた私の心も少し晴れたものになった。
画像

"コイの季節" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント